アダラートは主要成分であるニフェジピンの働きにより、心臓や体の血管を広げて血流を良くしていきます。
すると血液の抵抗が少なくなり、血圧を下げることができます。心臓の収縮をおさえて、心臓を休ませる働きがあるのも特徴です。
主に高血圧や狭心症の治療に使用されます。
また血圧を適切に保つことは将来に起こるかもしれない脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことにもつながります。

血管壁の細胞にカルシウムが流入すると、血管が収縮してしまい血圧が上がります。
アダラートの作用機序はカルシウムが細胞内に入るのをおさえる役割を果たし、その結果として血管の収縮を防ぎ広げていき、血圧を下げることに成功するわけです。
この効果から「カルシウム拮抗剤」と呼ばれて利用されています。

アダラートはカルシウム拮抗剤として分類されて、効き目が高く安全性が高いので、最初の高血圧治療薬として選択されることが多いです。
血糖・尿酸・脂質などに影響しません。年齢を気にせず広く用いることができて、高齢者には特に適しています。

注意点としては飲み合わせに注意しなければいけない薬が多く、場合によっては副作用が出やすくなるので気を付けてください。
他の降圧薬や利尿剤と併用すると血圧が下がり過ぎる、心臓の薬であるジゴシンと一緒に使うとジゴキシン中毒を発生させる危険があります。
その他にも多くあるので、服薬している薬がある場合は事前に医師に報告、そのうえで指示を守って正しく使うことが大切でしょう。

副作用は多いのが顔のほてり・頭痛・動悸・めまいなどです。
服用を続けているうちに徐々に慣れてきますが、状態が酷い時は早めに病院で医師の診察を受けてください。
また長く飲み続けていると足の甲のむくみや歯肉が腫れることもあります。
歯肉の腫れに関してはブラッシングをしっかりと行い、口内を清潔に保てばある程度予防可能です。
軽度であっても違和感や異常が出た場合、すぐ医師に相談してください。

ニフェジピンは即効性に優れています

アダラートの主成分であるニフェジピンは即効性に優れていて、高血圧や狭心症の治療に効果的です。
ただそれだけに服用をはじめた当初に副作用が出ることが多く、顔のほてりや頭痛、めまいなど軽度のものは薬に慣れてくると落ち着き症状が出なくなりますが、持続する、酷い時はすぐに医者の診察を受けてください。

即効性に優れるということは効用が強いことでもあり、服用の際もいくつか注意点があります。
症状によって飲み方が異なってきますので、必ず医師の指示に従ってください。
気を付けたいのが錠剤を噛み砕かないことで、そのまま水やぬるま湯で飲むことが大切です。
自分の判断で量を減らす、服用を止めると反発的に症状が悪化するおそれがあります。
何らかの原因で中止する時は、医師の判断で少しずつ減量していくので勝手な判断は危険です。

飲み忘れにも注意が必要ですし、その際に2回分を飲んではいけません。
即効性や効果に優れていますので、作用が高くなり過ぎて血圧が下がり過ぎることがあります。
過度の血圧低下はショック症状や一過性の意識障害、脳梗塞などの危険な状態に陥る場合があるので気を付けなければいけません。
2回分を服用した時はすぐ医者に相談する、適切な対処を取ることが重要です。

日常生活において血圧が下がることでめまいを起こすことがあり、即効性があるので車の運転や高所での危険な作業には十分な注意が必要となります。
特に飲み始めてすぐは副作用が出る場合が多くなるので、甘く考えず予防として避けるようにしてください。
薬の特徴を知ることで、副作用が起こった場合は早めの対策をとることができます。
違和感や異常があった時は、すぐ医師の診察を受けることが大切です。